脱大容量ipod

この週末もiphoneをいじって遊んでるんですが、
音楽再生アプリの「Audiogalaxy Mobile」ってやつ、何気にすごい便利かも。
このアプリというよりアプリを作っているところのサービス自体が便利なんですがね。

READ MORE

アコースティックギターな作品


CDを買いました。ジャケ買いしたくなるような、なかなかカッコイイジャケットですね。

ソニック・ユースのフロントマンとしてUSロック・シーンを牽引し続けるサーストン・ムーアが、盟友ベックをプロデューサーに迎えスタジオ・アルバムとしては約4年振りとなる3rdアルバムをリリース!サーストン版『シー・チェンジ』とも言えるロック史に残る大傑作アルバムが誕生!ベックはプロデュース&アレンジの他にボーカル、ギター、ベース、シンセで全面バックアップ。

という解説通り、私の中ではどちらも大スターである、
バンド ソニックユースのフロントマンであるサーストンムーアとBECKがコラボした作品です。

READ MORE

女性ボーカルバンド(洋楽90年代)

先回の記事でルシャスジャクソンが出てきて、ちょい懐かし90年代の女性ボーカル物が聴きたくなってきた。
男臭い音楽ばかり聴いていそうに思われるかもしれませんが密かに女性ボーカルなロックバンドもけっこう好きだったんです(^_^;)


Garbage – I Think I’m Paranoid
ガービッジ
Nirvanaの「Nevermind」のプロデューサー、ブッチ・ヴィグが結成したことで当時は有名だった。
とくにアルバム「Version 2.0」に入っているこの曲はサビがの部分が気持ちよくて好きでしたね。いや、懐かしいや。

READ MORE

まだまだ健在、ビースティーズ

久々にCDを買った。
ビースティーボーイズの最近出た新譜です。


HIP-HOP含め黒っぽいのはほとんど聴かない私ですが、
ビースティーズはあまり黒っぽく感じさせなくどちらかというとロックのり?で聴けるので昔から好きでした。
ずいぶん前になるが前回買った↓


は、バックの楽曲というかエフェクトが正直シンプルすぎて気に入っていなくあまり聴いてないけど、
今回のは90年代の頃のサンプリングに凝ったビースティーのりが戻った感じで私は好きだな。
粗削りなUSハードコアな曲も復活していたし(笑)
ビースティーつながりで昔大好きだった曲を見つけた。


Luscious Jackson – Naked Eye
ルシャスジャクソン。この曲、浮遊感がたまらなく心地よい。懐かしいっす(T_T)

気持ちいい歌えるテクノ

今日はスノボに行くつもりだったけど、仲間内で人数が集まらずに延期となったので、
ボーッと音楽とネット三昧な一日を過ごしています。
で、またYOUTUBEからお気に入りビデオの紹介。
今日のテーマは歌えるテクノ。


遥 feat.iLL & MEG – RYUKYUDISKO LIVE
まずは最近お気に入りの曲。
RYUKYUDISKOというテクノユニットなんですが、
一番新しいアルバムの「pleasure」はほぼボーカルをフューチャリングした曲で構成されていて、
カラオケでも使えそうな曲が何曲か入っています。
その中でも、お気に入りの曲です。女性ボーカルもすごくマッチしているが、
中村弘二(ill、元スーパーカー)の気怠い歌声はけっこう好き。
もう一曲、「1978 feat. 曽我部恵一」という曲も非常に気持ちいい仕上がりなんですが、YOUTUBEでは出てこなかった。残念。
カラオケにあるか分からないけど、この2曲はカラオケリストに追加して、日々聞いて、歌詞を憶えようとしています。
READ MORE

アニソン~ビデオ買って!~なつかしバンドブーム曲

相変わらず家ではスぺースシャワーTVばかりをみています。
昔からけっこう好きな「the pillows」というバンドがいるんですが、さっき、
そのバンドの「Movement」という新曲をみました。
調べるとまだ発売もされていないようですが、youtubeを検索すると・・・


もう、見れるし(笑)
すげーな、youtube。
the pillowsの曲で過去に「フリクリ」という知る人ぞ知るアニメがあるんですがその主題歌がけっこうかっこいいんよね。
このフリクリ、作成は「ガイナックス」、絵は「貞本義行」でもろエヴァな組み合わせ。
でも内容はかなりシュールでバカバカしくかっこいい作品。
アニメでも出てくるが、主題歌にも出てくる黄色に塗られた”Vespa180SS”がめちゃくちゃかっこいいんですよね。


ようし、今度カラオケで歌おうっと。誰も分からないだろうけど(笑)
アニソンってだけでバカにする人いるけど、アニソンって物によってはけっこうカッコイイ曲使っているんよね。
READ MORE