自作車載用携帯シャワー検証

先回記事にて、携帯用のシャワーを紹介したのですが、
その実力は??という疑問があったので動画を撮ってみました。


こんな感じです。まぁまぁ勢いはあるでしょ?

お風呂のシャワーと比較すると、、、


当然ですが、ポンプのは弱いですね。
でも、海とかで水浴びぐらいはできそうでしょ。
(もうちょっと、奮発すれば吐き出し量がもう少し多いものもります。)
で、ハイエースのコンセントで大丈夫だよな?
と思い夜な夜な検証してみました。
と言うのも、ハイエースのインバーター?は100Wまでと非力みたいでちょっと心配になったもので。
私の買ったものは工進のKP-101ってのと同じ物。
ポンプ電力は単純に10Vx1.0A=10W(で良いのか??)なんで、まぁ余裕でしょ。たぶんね。


ん?お風呂で確認したよりもちょびっと弱い気も・・・気のせいか??
まぁ、バイクに水をかける程度なら使えるレベルかな。
普段使っている、ホムセン園芸コーナーで普通に売っている高圧ホース仕様と比べてはいけませんね。
ちなみにダイヤルを「シャワー」から「拡散」にすると・・・


やっぱ勢いがぜんぜん違うな。
オフロード走行後、河原の砂質なドロならこれでも余裕で落ちるが、いなべの粘土質のドロではこれでもなかなか落ちません。さらにジェットってのもあるがピンポイントすぎて使いにくいし。
ジャパネットたかたでも有名なケルヒャーは
家庭用高圧洗浄機 入門タイプ K 2.01
消費電力 1000W だって・・・
強力なインバーターでも厳しいでしょうね。
家庭用には是非欲しいです。
ムロ君が持っているのはこれか?

Pocket
[`evernote` not found]

自作車載用携帯シャワー検証” への6件のコメント

  1. >ポンプ電力は単純に10Vx1.0A=10W
    これは間違いですよー
    電気のW数を計算するには負荷の力率が必要です。
    VxA=VAで、VAx力率(cosθ)=W です。
    力率ってのは分かりにくいのでメーカーに問い合わせたほうが良いかな?
    つーか、メーカーに聞くならワット数聞いたほうが早いか(汗)

  2. >自作自演
    オメ(笑)。アフィって、相手がリンク辿っていっても付くみたいですよ。だって、何故か楽○トラベルでのポイント付いてるから(笑)。私ポチッた事無いしアフィってもないのに。
    今月は300P程アフィったみたい。凄く嬉しい(笑)。
    でも、私がアフィってる商品とは関係ないみたいだから偶然か(笑)。
    >映像
    あー、今の環境だと見れん(重い)。
    家帰ってから楽しみます。
    >ケルヒャー
    ウチで使ってるのこんなヤツ。
    凄いんだけど、段取りが面倒で、バイクには出番なし(笑)。

  3. >ドンキで5980だったこれです。
    アイリスオーヤマって最近ホムセンで幅利かせていますよね。
    (コンテナとかこの商品は昔からあったんで、名前が売れ、商品もどんどん増えたんだと思うけど。)
    うちのあの洗車用の散水装置やらあのコンテナ、タイヤラック、物干し台などなどもそこのメーカーが出しているものですわ。
    >負荷の力率~VAx力率(cosθ)=W
    さすが!土木建築屋は電動工具に詳しいですね。
    なるほど、参考のページとか見ても始動時の負荷とか、削り時の抵抗(負荷)とかで動かなかったりっても書いてあいりますもんね。メーカーが出しているワット数でもさらにいろいろありそうですね。実際、動かしてみないとわかんね~ってやつでしょうね。そういや、車の軸トルク・出力も一緒か。
    >私がアフィってる商品とは関係ない
    うちも、ストーンさんの携行缶以外に何件かアフェポイントが付いていました。紹介しているショップではなかったので、検索して買ってくれた人がいるのかと。つくポイントは数十円レベルなんですがけっこううれしいというか面白いものですね。

  4. >アフィ
    何っ!
    ワタシも検索窓を目立つ所に張ってみよう・・・

  5. >映像
    テストご苦労様でした。
    凄く参考になりました。
    シャワーヘッドじゃなくて、単純なジェットならピンポイントで落とせそうな気もしてきますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です