木曽路~飯田ツーリング

ここ最近、光通信(電話付き、中電のアクセスコミュファ)導入やら、OSをVISTAに入れ替えたりでばたばたしていました。
これらの感想はまた別の機会として、今回は丸一ヶ月前のツーリング記録。早く紹介したかったが、
ご存じの通り最近は走行ログ記録も作っているのでとても楽しいがなかなかめんどくさい。(^_^;)
今回の走りの目的地は御嶽山と権兵衛トンネル。
ではいつものように走行ログへどうぞ。
2007年05月28日 木曽路~飯田ルート
御嶽山はW650を買い、慣らしがてらの初ロング走行に行った所、
うちのW650もいろいろリニューアルさせたこともあり原点回帰と思い走ってきました。
ここは10分程スキー場内を走る非常に気持ち良いコースです。
御岳スキー場では過去にスノーボードで手首を骨折してしまった、苦い思い出もあるのですが超お気に入りの場所です。

御岳スキー場

これは、御岳スキー場の大駐車場にて撮影したもの。
ここに来るまでも楽しい道をひたすら登ってきたのですが、ここからスキー場内を通り奥の山めざしてさらに駆け上がっていきます。
せっかく、光になったので、今回から動画も紹介していこうと思います。

↑のような道をひたすら登ります。
画面ではわかりにくいですが、結構な斜度です。高度がかなり高いので、エンジンのふけが悪いです。

御岳山登山口
で、ここが登山口の駐車場。車・バイクはここで終了。
頂上を目指すにはあとは徒歩で登山口を登ります。
(私は登ったことがありません。)
登山道途中はまだ雪でうまっていました。
権兵衛トンネルは、昨年開通したばかりの日本アルプス横断化の一部。
今までは権兵衛峠というとんでもなく長い峠道を走るか、
塩尻まで出なければいけなかったがこのトンネルのおかげで気楽に中央アルプス横断が可能となりました。
出先の伊那には中央道があるため、木曽周辺の観光地へのアクセスが非常に便利になりました。
権兵衛峠はバイクで走るにはそこそこ楽しいが、いかんせん距離とUP・DOWNが激しいため、
峠道半ばぐらいになるとクラッチを握る手がぷるぷるになり、
最後はどうでもいいから早く抜けてくれ状態にまでなります。(-_-)
とまぁこんな感じで最近は飽きもせず中部の山々をぐるぐる回っております。
さて、今度はどこを走りに行こうかな。

Pocket
[`evernote` not found]

木曽路~飯田ツーリング” への4件のコメント

  1. 残雪な山って何故か惹かれます。良いトコですねぇ。
    えーっと、最高速度171.6km/hって、Wで一体どういうライディングしてるんでしょうか?(笑)。

  2. >残雪な山
    なんか1ヶ月前とは思えない画でしょ。実際まだ寒かったし。
    >最高速度171.6km/h
    おっと、これはたぶんGPSログのバグですね。電波が弱い時は位置情報がたまに飛んじゃうんで・・・たくさんトンネルを通ったのでその時のバグだと思います。
    しかし、微妙な数値だ。ちょうどW650の最高速ぐらいですね。(笑)

  3. すげーすげー
    木曽まで日帰りで行けるんですね。
    とっても羨ましいです・・・・
    >最高速度171.6km/h
    メータ読み180km/h経験者・・・
    多分実速170km/hくらい。
    すげー怖いです(汗)

  4. >メータ読み180km/h経験者・・・
    私も単独で高速に乗ると、最速チャレンジをしたくなります。(^_^;)
    昨年いった富士山ツーリングでも数十分程やったなので、そん時のログ< http://yuznetwork.com/maps/bike/2006/fujisan_10_07-10_08_2006/fujisan_10_07_2006-1.htm >は正解かもしれません。(軽い下りもあったんで。)
    ただそのぶっとばしている途中になぜかエンジンがでボボボと言いだし止まってしまいました。「こんだけで焼き付いたのか?」とすごく焦った。まぁ、止まったあとすぐに復活し、なんとも無かったのですがね。恐らくなんかの拍子で燃料供給がとぎれたのでしょうね。
    >すげー怖いです(汗)
    GW帰省時は高速でも割とコーナーが多い中央道の山間部をぶっ飛ばしてみましたが(日産の現行Zについていったつもりの時)、足回りを固めていると結構へっちゃらで走れました。でも風圧には耐えられないので長くは持ちませんでしたがね・・・>ネイキッド系の宿命
    あと、自慢の燃費が・・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です