Front タイヤ交換

今日(3/30)は有休を取っていたので、
先週、ドライバーズスタンドにて注文していたFrタイヤが届いた連絡が入っていたので交換にいきました。
バイクで行っても良かったのですが、
外して持っていくと工賃(3,000円程だったかな?)が浮くのでホイールを持ち込みました。
ホイール持ち込みではチューブレスだと交換工賃がただとなりますが、
ひと手間かかるチューブ仕様では1,000円別途でかかります。
まぁ、許せる価格なのでここは気持ちよく払いました。
ACCOLADE
これは交換前の「BS ACCOLADE AC03」私のW650は標準でこれがついていたので、
先回(1,0000km走行後)も同じものを履いていました。
W650は進行方向で右側が減りやすいようで、私のも右側の溝が早めに無くなっていました。
まだ若干溝が残っていますが、スリップサインはだいぶ前から出始めていたので交換時期です。
今回交換も癖が少ない乗り味のこいつでも良かったんだがなんか飽きてきたし、
他のも試したくなったので、今回は却下しました。

TT100GP
こちらが今回交換した、「DUNLOP TT100GP」やけに古めかしいパターンをしていて、
レトロ系では定番中の定番なタイヤです。

Error: Suspended

W650は製造時期でこいつが標準の場合もあります。
(どちらかといえばこちらがメインっぽい)
パターンは古いがコンパウンドは常に進化していますのでグリップもそこそこ良いです。
私の先代バイクのSR400に付けていたけどなかなか良かったです。
倒し込み時にはちょっと癖はあるが、グリップ力は良い感じだった。
溝が深いので雨天での安心感は最強だったなぁ。
あと耐磨耗性ですがアコレードより持ちが良いらしい。
(耐磨耗というより、溝が深い分かな?)
リヤはまだ溝がばりばりに残っているので、今回はFrだけの交換です。
しばらくは混同走行。
本当は同じ銘柄にしたほうが良さそうだけど(見た目含め)、もったいないから使いきります。
先回のリヤはFr交換後3,000km程で急に減り始めたっけ。

Pocket
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です